夏休みの宿題

最近の小学校、ゆとり教育が終わってからの
巻き返しが激しすぎます。

まず、夏休みが短くなっています。

それから、夏休みの宿題が毎年増えていっています。
例えば、長女ひぃが小学校2年生の時の宿題の量と、
次女あー(小学校2年生)がもらってきた宿題の量、
1.5倍に増えています。

その上、子供たちの学校では、
夏休みの宿題は全て親が丸つけをし、お直しもさせた上で
始業式に持参させるべし、とのことなので、
親も大変です。
間違いをすぐに見つけて正させるという面ではとてもいいと思います。
問題を解いて何日も経ったところで間違いを指摘されても、
定着率は低いと思うので。

ただ、すごく忙しいご両親や、
子供の勉強に関心のないご両親だと、どうなんでしょうね。
私ははっきり言って時間に余裕がない毎日ですが、
子供の勉強も大事なので、歯を食いしばってでも(大げさか・・・)
なんとかやっています。
お陰で、普段は9時に寝かせているところが、
9時半近くに寝かせることになってしまっています。

夏休みには、学校の宿題以外の勉強もしっかりさせたい。
それで、宿題は早く終わらせてほしかったので、
きちんと計画を立ててやらせたのですが、
あまりの量の多さに、びっくり。
長女も次女もやっと先週に全てを終わらせることができました。
読書感想文も工作も、絵も、本当にサポートが大変でした。

今回、特に大変だったのが、長女ひぃの宿題。
家庭科の宿題まであったんです。
しかも、学校で習ってきたレシピを家で再度作り、写真又は絵を付けて
感想も書くというものがまず一点。
そして、二点目が、キット以外のお裁縫作品を作成すること。
そして最後が最悪で、レシピを一つ作成して持っていくというもの。
どう考えても小学5年生が一人でできるものではありません。
当然、全部手伝いました。

これが、ひぃが作っているところ↓
e0337679_10484663.jpg

切らせたり、ゆでさせたり、大変でした。

二点目の、お裁縫作品については、ガーゼにひぃのイニシャルと
お花を刺繍させ、裏を付けてガーゼハンカチにしました。
ミシンで縫うところも付きっきりで指導しました。(画像、ありません。)
刺繍させたイニシャルはチェーンステッチ、お花も葉っぱもチェーンステッチ、
つまり全部チェーンステッチです。
最初は危なっかしかったけど、最後はちゃんとできるようになりました。
ミシンも、直線縫いだけだったので簡単でした。
最後のかがるところも自分でできました。
これで、将来お母さんになっても、
ひぃの子供に自分で刺繍をしてあげられるはず。

そして、問題の三点目。
これは、私が考えました。(大きな声では言えませんが。)
毎年このコンテストの受賞レシピが配られますが、
どう考えても小学生が考えた物ではありません。
ママやパパが考えているに違いありません。
主催者も学校の先生方も、
小学生にレシピが考えられるか、冷静に考えてほしいものです。
こんな宿題、やめてくれたらいいのに。

宿題のサポート、本当に大変でした。
やっと終わってホッとしています。
by meifan-sweets | 2016-08-20 11:03 | 長女

お菓子レシピや日々のつれづれ


by めいふぁん